福岡県豊前市にこの秋誕生した「豊前獣肉処理加工施設」
毎年、有害鳥獣による農産物被害が数千万円となる豊前市では、駆除や被害防止策に当たっています。
その数も平成29年度には1200頭を超え、駆除にあたる捕獲員の高齢化などによる捕獲後の処理負担の軽減や担い手の確保、地域の活性化などに寄与するための手段として設置したものです。

事業名 鳥獣害被害防止総合支援事業
指定管理者 豊前市獣肉処理施設管理組合